抜け毛とホルモンの深い関係とは?

抜け毛とホルモンにどうして関係があるのか?

抜け毛が起きる原因は様々あります。その中には、発毛や育毛に対して作用をもたらすホルモンの低下や、そのバランスの乱れが挙げられます。たとえば女性機能や男性機能に対して作用を持っているものです。これには、髪を育てること、またその質を保つことに対しての作用があると言われています。そのため加齢やストレスなどにより、これが減少すると抜け毛が出やすくなります。また睡眠中に分泌される成長ホルモンには、発毛の要となる毛母細胞の分裂を促進する作用があります。よってその分泌が低下すると、毛母細胞の分裂が滞りがちになり、抜け毛などの頭髪トラブルが出やすくなると言えます。

 

抜け毛を予防するために必要なことは?

ですから抜け毛などの頭髪トラブルを防ぐためには、この分泌を促進させること、またはその分泌の低下を防ぐことが必要です。そのために必要なのが、まずは毎日、しっかりとした睡眠をとると言うことです。睡眠には、自律神経に対して働きかける作用もあり、自律神経はホルモンの分泌に大きな影響力を持っています。ですから毎日、まとまった時間の、質の良い睡眠をとることは、自律神経を整え、そこからこれの分泌低下などを防ぐことにつながると言えます。それからもうひとつは、強過ぎるストレスは避けると言うことです。これは強過ぎるストレスにも、自律神経を乱れさせる作用があるとされているためです。